Gicela Mendez Ribeiro 来日公演!
国境を越えるアルゼンチン・フォルクローレ ~”水”が結ぶ”喜び”の音楽~

Chamame 歌手 ジセラ・メンデス率いるフォルクローレバンドが初来日!

ブラジルとパラグアイ、アルゼンチンと3国を流れるイグアス川。 世界三大瀑布にも数えられるイグアスの滝の壮大な自然。そこは、ポルトガル語とスペイン語の交わる場所。

アルゼンチンには様々なフォルクローレがありますが、イグアスの滝のあるこのアルゼンチン北東部は「チャマメ」と呼ばれるフォルクローレで有名です。
この土地で生まれるフォルクローレは何故、乾燥した地域で生まれるフォルクローレ特有の切なさや悲しさがないのでしょうか。

先住民族グアラニー族の言葉で「大いなる水」を意味するイグアス。喜び (アレグリア) と同義の意味を持つこの「水」とともに生きてきた人々の音楽だからこそ、他の地方とは少し異なる音色なのかもしれません。
アルゼンチン北東部、ブラジルとの国境に面した街 Paso de los Libres出身のチャマメの歌手ジセラ・メンデス・リベイロが、10月皆さんにアルゼンチンのフォルクローレの魅力を届けに初来日。

ブラジル人の祖父を持ち、幼い頃からスペイン語、ブラジル語のバイリンガルな音楽一家の中で育った歌手ジセラは、伝統的なチャマメの音楽に洗練されたエッセンスを加え、スペイン語、ポルトガル語、グアラニー語で歌い上げ、チャマメファンを魅了しています。

福岡での公演では、チャマメの他にも、チャカレラ、ガト、サンバなどのリズムも披露してくれます。また、タンゴ講師として来日中のアルゼンチン人ダンサー、ジョエルとアゲダがフォルクローレダンスの数々を披露し、会場を盛り上げます。
国境を越える音、喜びの声を楽しむ一夜をお過ごしください。

【来日メンバー】
- Gicela Mendez Ribeiro (歌)
- Sergio Tarnosky (アコーディオン)
- Martin Sandoval (ギター)
- Gonzalo Aguirre (パーカッション)

2017. 10月 13日 (金)

開場: 19:00 / スタート: 19:30

ティエンポ・ホール ( map)

前売: ¥2,500 (会員 ¥2,000)
    当日: ¥3,000
    ※ 入場時別途ワンドリンクチケット¥500要購入

T.I.タンゴ受講生への特典

このイベント参加者は10/15(日)Milongaの入場料が¥500に!!

【後援】 アルゼンチン共和国大使館

出演者紹介

Gicela Mendez Ribeiro ジセラ・メンデス・リベイロ

ブラジルとウルグアイとの国境にあるアルゼンチン パソ・デ・ロス・リブレス生まれの歌手、作曲家、女優。
ブラジル出身の祖父を持ち、バイリンガルな音楽一家で育ったジセラは、伝統的なチャマメの音楽に洗練されたエッセンスを加え、スペイン語、ポルトガル語、グアラニー語で歌い上げ、チャマメファンを魅了している。

2003年、2004年、フランス、パリ公演を行う。2005年、ドイツ人プロデューサー Fliegende-fischeにドキュメンタリー映画「Chamame」の唯一 女性の主演キャストとして抜擢され、Chango Spasiuk、Monchito Merlo、Alberto Bofill等とともに出演。2007年末に世界的に公開され話題となった。
同年発表したビデオクリップ  "Tus recuerdos" でアルゼンチン リトラル音楽コンクールで優勝。
2008年には在米アルゼンチン大使館 (ワシントンD.C.)に招かれ公演。
リトラル地方のフォルクローレ音楽に携わる女性たちをテーマにしたドキュメンタリーTV番組"El chamamé y sus mujeres" にナビゲーター役として出演。チャマメの歌手や作曲家などにインタビューなどを行う。
2009年11月、el Chango Spasiukのニューアルバム発売コンサートに招かれ出演。
2010年、2011年、アルゼンチン最大のフォルクローレフェスティバルに出演。
セカンドアルバム “Voz de Frontera”が2012年アルゼンチンで、翌年ブラジルで発売される。

現在、日本人アコーディオン奏者 牧田ゆきとともにニューアルバムを制作中。今年日本でも発売される予定である。

Joel Tempestti & Agueda Mansilla ジョエル・テンペスティ & アゲダ・マンシージャ

ダンサー、振付師として15年以上のキャリアを持ち、メンドーサ議会の上院から文化的貢献を認められているアゲダ。タンゴとアルゼンチン民族舞踊のダンサー、講師、国立舞踊団のメンバーとして活躍するジョエル。
2008年からペアを組み活動をスタート。2016年には、タンゴの普及とプロダンサー養成活動に貢献していくことを目的に文化省が主催する "Seleccionado Federal de Tango Danza" (アルゼンチン24州から代表ペアとして各州1組が選出される) のメンドーサ代表に選ばれ、1年間メンバーとして活動する。
タンゴとアルゼンチン民族舞踊の普及を目的にタンゴ世界大会など国内の数々のフェスティバルやイベントに参加する傍ら、2013年リオデジャネイロで開催された World Travel Market y la ExpoviniやチリのVALPARATANGO 2016など海外のフェスティバルにも招かれ公演している。

チケット取扱

■ ラテン文化センター ティエンポ館内
※ 館内事務局にて前売券を販売しております。

電話、又はページ下の お問合せフォーム から購入を希望される場合、下記の手順にて販売を行っております。
 1. 電話、お問合せフォーム、メールにて、チケット購入希望のイベント名、購入チケット枚数、ご連絡先を記入の上ご連絡ください。
 2. 指定銀行へチケット代金の振込が確認された時点でチケット購入完了となります。
 3. チケットの引き渡しは事前にティエンポ本館までお越しいただくか、遠方の方は当日受付でのお渡しとなります。
※ お申し込みは 10/9 (月)まで。それ以降は館内での購入をお願いします。

イベントスケジュール

特別イベント / レギュラーパーティー

協力イベント

※ カレンダーに戻るには "MONTH"をクリックしてください。

ティエンポの全活動の最新情報を月2回配信中。

お問合せ

当団体主催のイベント、チケット購入の申し込み、またイベントホールのレンタルなどに関するお問合せ専用フォーム。


(特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ)

〒810-0041
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 3F

092-762-4100 |  092-762-4104
www.tiempo.jp
eventostiempo.jp


月 ~ 金: 12:00 ~ 22:00
  土・日: 12:00 ~ 18:00 * 休館日不定

• お問合せの内容をお選びください。

  

- -

• 当団体を知ったきっかけは何ですか?

アクセス

〒810-0041 福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 3F

公共交通機関でのアクセス

【西鉄電車 (天神大牟田線) 】
 - 西鉄福岡 (天神) 駅下車 (徒歩約7分)

【地下鉄】
 - 市営地下鉄空港線天神駅下車 (徒歩約10分)
 - 市営地下鉄七隈線天神南駅下車 (徒歩約7分)

【JR】
 - JR博多駅 天神行き西鉄路線バス
 - JR博多駅下車 市営地下鉄空港線天神駅下車 (徒歩約10分)

【西鉄バス 】 最寄りのバス停 警固1丁目 又は今泉1丁目

【高速バス】 天神バスセンター降車 (徒歩約7分)

【福岡空港】 
 - 福岡空港 市営地下鉄空港線天神駅下車 (徒歩約10分)