ギャラリー「タジェール」で予定されている展示会のスケジュールです。

2017. 2/24 (金) ~ 3/5 (日)
Ai EPOCH展~心象風景シリーズ~

作品

キレてる絵描きを自称する抽象画家、樋口藍の作品展です。
抽象画及びオリジナルデザイングッズを展示・販売いたします。
今回はAi EPOCH展と題し、新しい感性が生む新しい時代を感じさせる展覧会をコンセプトとしております。

時に毒々しく、時に美しい唯一無二の色彩構成を持つ、ステンドグラスをイメージさせる抽象作品の数々。特に喜び・苦悩といった日々の心象風景の表現をどうぞご覧になってください。


【展示者】  樋口 藍 (ウェブサイト)

2015年3月、九州工業大学大学院在学中に絵画制作を開始。抽象絵画を中心として自らの心象風景・心の動きをステンドグラスのような造形として紙面に落とし込む。絵画のみならずデザインTシャツの制作にも取り組んでおり、福岡・薬院のJIMMY’2にて販売している。モットーはキレてる絵描き。自分にしか描けないクレイジーかつ美しいものを目指している。


  • 開館時間:
    月 ~ 金 12:00 ~ 21:00
    土日 ・ 祝 11:00 ~ 18:00
  • 入場無料

2017. 3/13 (月) ~ 4/3 (月)
ニーナ・アブレヴァージャ写真展 “タンゴ・アンダー:素顔の瞬間”

作品

3/29 (水)から開催される桜タンゴフェスティバルにちなみ、アルゼンチンの若き写真家、また自らもタンゴ愛好家であるニーナ・アブレヴァージャの作品が福岡にやってきます。

ブエノス・アイレスのUCES大学で広告宣伝を学び、広告代理店でアートディレクターとして活躍した後、独立し自身の写真・デザインスタジオ 「Tita Fotografica」を設立、起業家のためのインテグラルイメージング プロジェクトに従事。
2008年、タンゴに魅了され、ダンスを学び始める。2011年、サロンタンゴの講師資格まで取得した彼女は、写真家としてタンゴに新たな情熱を見出し、それまで専門としていた広告宣伝の分野からコンサートやミロンガなどの舞台を活躍の場に変え、現在フリーランスの写真家として活躍している。


  • 開館時間:
    月 ~ 金 12:00 ~ 21:00
    土日 ・ 祝 11:00 ~ 18:00
  • 入場無料